【番外】海外編 バリ旅行

バリの繁華街 クタに行ってみた!日本人は要注意!?


Pocket

訪問日:2014/11

クタのシャトルバス

今回の旅はHISを利用しているので「MaiMai」というシャトルバスが利用できます。アヤナリゾートから繁華街のクタまで30~40分くらいで着きました。
クタのビーチはサーファーに世界的に有名でそこからどんどん発展していったようです。

シャトルバスでHISの停留所について街をふらつくとすぐにバリの日本語の出来る人が客引きに来ます。
恐らく、シャトルバスからの出てくる人を狙っているのでしょう。

お店においでよ!すぐそこだから!

クタの雰囲気

日本語をしゃべれるのでどうしても受け答えをしてしまいます。そうするとあれよあれよとお店の前へ。。
「とりあえず」ということでお店の中へ。

クタのお店

店内は衣服や絵画、石鹸に木の彫刻、ガムランボールなど基本的なバリのお土産は揃っています。
すると客引きの人(自称、そこのお店の店長)は「ここのお店は高いから安い所教えるよ!」と言ってきました。

確かにクタの繁華街はバリの村から物を仕入れ高く観光客に売っているようです。
本人はそのお店の雇われ店長で「近くのもっと安いお店を教えてあげる」と言ってきました。まぁ安いに越したことはないので話を聞くとそこから10分程歩いた場所で案内するよ!とのこと。
でも、一緒に行くのは嫌だったので場所だけ聞いて自分たちだけで行くことにしました。

バリのコンビニ
バリにはけっこうたくさんコンビニがあります。とりあえずビンタンビールを買って飲みながら向かことに。歩くこと5分ぐらい。
街の曲がり角で「おー、偶然だね!!」と言いながらさっきの人が現れました。
「あやしい」と内心思いました。そこから案内するというのでそのお店まで一緒に行くことに。

クタのお店
案内してくれたのは「BINTARA」というお店。2階建てで確かにクタの繁華街よりも安く売っていました。
※絵画や衣服、バリ雑貨はもっと外れた場所で交渉して買うのが醍醐味ですが。。

店内で色々と商品を見ること30分ぐらい。案内してくれた人はずっと外で待っていました。

明日は何するの?

そして買い物が終わると「明日は何するの?」と聞かれました。
実際、予定を決めていなかったので「考え中です。」と伝えると「明日、車付きで行きたいところをずっと案内してあげる」と言ってきました。

案内は日本円で5000円程度で実際に観光案内(会社規模で)をしてくれる所と料金は変わりません。(少し安いかな)

結局は観光案内でお金を稼ぐことが目的だった!?

とりあえず、その場でライン(今っぽい)の交換をして、お願いすることに。
そこからスミニャックにも回りたかったのでそこで別れることに。(タクシーで向かった)

実は頼むかは迷っていて、とりあえず別れたかったので一度快諾して1日悩むことに。。

夜になって、ショップカードのお店に言ってみることに。
違う店員さんに名刺の人はここのスタッフかと聞いてみると(片言の英語で)、少し戸惑ったような表情で「そうだよ」的なことを返してきました。ありがとうと伝えてお店を出て、

HISのシャトル場所の停留所に向かうと途中!

「お店来ない?」

まただ!どこのお店か聞くと同じ名刺~!やっぱり日本人を狙っているんだな~と確信しました。
クタのショップ名刺

ラインで明日のキャンセルをお伝えして、HISのプランで観光をすることに決めました。

本当に健全に観光案内をしてくれるかもしれませんが何をされるかわからないので注意が必要です。


Comments are closed.

Powered by: Wordpress