沖縄本島 南部地区 観光スポット

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)に行きました


Pocket

訪問日:2014/1/6
世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
那覇空港から約26.8km車で約60分~90分。
2000年12月にオーストラリアのケアンズで開催された第24回世界遺産委員会において、登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)。
御嶽とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で斎場御嶽は琉球開びゃく伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地のことをさします。

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
まず、入場チケットを南城市物産館で購入しなければなりません。
住所:沖縄県南城市知念字久手堅539番地

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
券売機で購入です。大人200円、小人100円です。
休館日が設けれているので訪問される際は注意が必要です。
開館時間は9:00~18:00(最終入館17:30)

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
南城市物産館に車を停めて、歩いてせーふぁ御嶽まで行きます。

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
歩いて5~10分程度着きます。近くには駐車場もありましたが閉鎖されていました。

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)

物産館で買ったチケットを見せて入館します。

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)

まずは、御嶽の概要や注意事項などをビデオで鑑賞します。
申請な場所ですのでマナーアップに心がけましょう。

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
御嶽の中は自由に散策が可能です。
30~40分程度で見て回れると思います。
予約をすればガイドさんと一緒に御嶽を巡ることができるようです。(所要50分程度)

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
沖縄の自然と歴史に圧倒されます。

世界文化遺産に登録された 斎場御嶽(せーふぁうたき)
2本の練乳石が見事に合わさり三角形の空間を作り出しています。
奥を抜けて左側から神の島とも言われる久高島を望むことができます。

※上記地図は入場券の発見場所(南城市物産館)とは異なります。

緑の館・セーファ|南城市観光協会(外部リンク)


Comments are closed.

Powered by: Wordpress